接客マナー

キャバクラで働きたいと考えている女の子は決して少なくはないはずです。
華やかな夜の世界で一度は働いてみたいと考えるのは、女の子であれば誰でも思うことなのかもしれません。
ですが、夜の世界と一言でいっても、キャバクラというのはお客様あっての商売になりますので、厳しくて適切な接客マナーを身につけなくてはなりません。

キャバクラ嬢というのは、名刺、ライター、ハンカチの3点は必ず用意しなくてはなりません。
お客様が来店して席につくと、お店のスタッフがお客様の席へ行くように合図をしますから、軽い笑顔で挨拶をします。
お客様によってはタバコを吸いますからすぐにライターで火をつけますが、右手でライター、左手は風をよけるためにライターを囲むのも最低限のマナーになります。

次にウィスキーなどの水割りなどを作りますが、氷をグラス一杯に入れて、マドラーで氷を混ぜからウィスキーや焼酎などとソーダやお水を入れてマドラーで軽く混ぜます。
タオルでグラスをきれいに水滴を拭いてから、お客様の前にあるコースターの上に置きます。
タバコを吸うお客様の場合は、灰皿に吸殻が2本溜まったら灰皿を取り替えなければなりません。
お店によっては1本ごとに替えなければならないお店もあります。
お金を支払うのはお客様ですので、自分も飲み物を飲めばそれだけお店の売上が増えますが、見え見えの飲み方や進め方はしない方がいいでしょう。
女の子のドリンク一つで機嫌を悪くするお客様も決して少なくはないのです。

最後に肝心のトークなのですが、聞き上手になることが大切になります。
聞き上手で褒め上手が、キャバクラ嬢にとっては基本のトークなのです。

Copyright © 2014 キャバクラ嬢にはおもてなしの心が必要 All Rights Reserved.